IPOで上場する銘柄

上場予定の新規上場企業の業種、BB期間、注目度など…IPOで投資をしようという人にとって必要不可欠な情報があります。株に投資をお考えの方はこれらの情報に目を向けてみましょう。

IPOとは…株式市場に新規上場してくる銘柄

IPOとはinitial public offeringの略です。
つまり、株式市場に新しく公開してくる事をさします。
通常株式会社は資本金を出した証として株券を発行します。
そして、資本金への出資割合に応じて議決権などの権利が与えられます。
そのため、株式会社は全て株主が所有権をもっています。
株式市場はその所有権を売買する場なのです。
そして、会社が新たな資金を会社の運営のために調達するような場合、借入もしくは増資が行われます。
借入を行う場合には、銀行などから資金を調達する方法と社債を発行する方法がありますが、借入は返済の義務が生じます。
しかし、増資という投資の形態をとると返済の義務はありません。
IPOにより証券市場へ公開する事のメリットの一つが、このように増資などの手段で資金を調達できる事です。
また、IPOにより証券市場に上場し名を連ねる事で会社の知名度、認知度は飛躍的に向上します。
さらに、信用度も上がる事にもつながるという広告宣伝効果も期待できるのです。
また、創業時から株式を所有している株主にとっては、IPOにより証券市場に上場すると市場で株券を売却することができます。
非上場の場合には、株券の譲渡先を探して売却しなければならないため、流動性(換金性)に欠ける資産でしかありませんが、市場で売買が可能になるため、換金性は飛躍的に向上します。
会社と株主にとってはIPOはもっとも資産価値をあげる手段ということになります。
しかし、IPOにより株主も飛躍的に増加することになり、株主に対して会社の情報を公開する義務が生じます。
さらに、会社の責任を株主から追及されることになるため、それを嫌う会社にとっては株式市場に上場するメリットは無くなるので、非上場のままの会社も多数存在します。

■注目株の情報量が凄いサイトです
値上がりする可能性がある注目株の情報をご紹介
■株のことなら迷わずプロに相談
ゼロからの株式投資|投資顧問ランキング